センスある人がプロダクトアウトでやるのが最強。俺は?

30歳前後の同年代のシェフとソムリエがやっている Kabi というレストランに行った。お店の設えや雰囲気、料理のセンスが抜群に良く、シンプルに「美味しい」「かっこいい」「真似できない」「あぁ、センスある人が好きなことを追求してやってるのは強いな」と思った。

 

私の仕事のマーケティングを物凄く噛み砕いて言うと、顧客の欲しいものを見極めてそれを作る・売るということになるので、Kabi がやってることの対極みたいなもんだなと思う。実際、プロダクトアウトの対概念はマーケットインとされる。

 

最近、Kabi のようなプロダクトアウト(だけでやってる訳じゃないが)でやってる人や商品に触れることが多くあったのだが、それをキッカケに、誤ったマーケティング(「こうすれば売れる」とか「この数字を伸ばしたらいい」とか)は作り手の思いや気持ちが一切入らないという意味で、とてもダサいなと思うようになった。

※別にマーケティングを貶めるつもりはなくて、非常に大事な取り組みで考え方だと思っているし、誤ったマーケティングに限るとダサいというだけ

 

ただ、自分がプロダクトアウトでやっていけるか?というと、私は Kabi のシェフ・ソムリエのように料理やお酒に人生の多くを費やすという経験をしてこなかったので、今すぐに何かをプロダクトアウトでやるのは難しい。というか恐らく無理だ。そういう人間がプロダクトアウトへの憧れだけを持って何かを作ったとしても、消費者は「お前みたいな実力も拘りも無いやつの独りよがりを誰が買うねん」という気持ちになるだけである。

 

まぁ、なので、なにか結論がある訳じゃないのだが、今すぐにプロダクトアウトで何かを作るというのは実力的に難しいので、マーケットインで誰かが欲しいものを見つけ、それを作り、細々したマーケティングの知識でそれを広げ、できれば自分の思いとか気持ちとかふわっとしたものを商品に入れる、という割と総合力が大事だなという結論に至った。何も持ってないから尖りようがない。どれも平均点以上を出さんといかん。そういう気持ちでビジネスをやっていくぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です