アメリカン・ホラー・ストーリー2の脚本がごった煮なのに面白い

一般的に、一つの作品に一つのテーマが設定されるものだと思うが、アメリカン・ホラー・ストーリー2は「悪魔」「宇宙人」「精神病」「ゾンビ」といった複数のテーマがごった煮に描かれている。

複数のテーマが混在すると脚本の難易度がぐっと高くなるはずだが、アメリカン・ホラー・ストーリー2はドラマという長尺枠の中で綺麗に話をまとめていて素直にすごいなと思う。

 

複数のテーマがあると情報量が多くなるので、一つ一つのシーンが短くなって、結果としてテンポがよくなるというのは複数テーマを取り扱うメリット。アメリカン・ホラー・ストーリーの面白さのひとつはそこ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です